ピルが通販で買える!

はたしてピルは胎児に影響を及ぼすのか?

ピルは胎児に影響を及ぼすのかについてですが、結論としては妊娠初期に限れば、ピルを飲んだからといって母体や赤ちゃんにただちに悪影響が出てしまう心配はありません。
そのため、妊娠初期に限ればそこまで問題はないといえるでしょう。
妊娠初期にピルを飲んでから奇形率の変化なしとされています。
ただし、妊娠初期以降の時期においてはピルの服用はやめておいたほうが望ましいといわれています。

ピルは医薬品であるために流産や早産などになる可能性がないとはいいきれないためです。
妊娠が発覚した段階でピルの服用をやめておいたほうが良いとされています。
ではいつあたりから再開すれば良いのかですが、出産後にお腹が元通りになって授乳期間が過ぎてからであればピルの服用を再開することは可能です。
授乳期間に該当するときも飲んではいけません。
これはピルを飲むことで、母乳の質に影響が出てしまうためといわれています。

指示に従わなかった結果母乳が出なくなるなどの報告例もあるため、妊娠中から赤ちゃんの子育てが落ち着くまでは控えておくほうが望ましいです。
ピルは妊娠禁忌薬といわれています。
ここでの禁忌の意味に関しては、お腹の赤ちゃんよりもむしろ母体への影響が懸念される傾向が大きいです。
妊娠をすることによって、母体の中の女性ホルモンのバランスが自然と不安定になりやすいのですが、ホルモンの量が極端に増やしてしまうことになるため母体への悪影響のほうが懸念されます。

ですので、服用が禁忌といわれています。
ただ、中用量ピルなどホルモンの量が多いタイプのものを服用すると種類によっては胎児への影響が大きくなることも考えられるため注意するようにしましょう。
中用量タイプや高用量タイプは治療薬として用いられるため、医師から処方されないと通常においては入手することはできません。
妊娠が分かった段階で信頼できる医師にきちんと相談しておくようにしたほうがトラブル回避につながります。

流産や早産の影響はあるのか?

ピルが女性ホルモンの分泌を促し、体内に作用する医薬品である以上、胎児への影響はないとは言い切れません。
ピルの服用と流産や早産の因果関係を証明するデータはありませんが、これはピルが妊娠禁忌薬と言われていて、妊娠中の服用は控えるように医師の指示を受けて服用を止めている人が大半だからともいえます。

妊娠初期においてはピルを服用しても奇形率に変化なしと言われるなど、自覚症状も出ないほどの初期の段階での服用はそこまで母体に影響を与えないようです。
妊娠初期以降はホルモンバランスが崩れて不安定になる時期のため、母体に与える影響が大きいことからもピルの服用は中止した方がよいでしょう。

流産や早産などへの影響がないとは言い切れない以上、少しでもそのリスクを減らすためにも、出来れば妊娠が発覚した時点で服用を控えることが望ましいです。
出産後にお腹が元通りになり、授乳期間が過ぎた頃になれば服用を再開することができます。

妊娠中においてはデータとしては表れにくい胎児へ影響も懸念されますが、それよりも母体への影響が強く出るケースが多いです。
ホルモンバランスが不安定な状態でピルを服用するとホルモンの量が過剰になってしまい、それが様々な悪影響を与えることになるのです。

出産後も授乳期間中は母乳の質に影響が出てしまうことからピルの服用は避けるべきです。
医師の指示に従わずに母乳が出なくなってしまったという例もあるので、ピルの服用を再開したい人は授乳期間子育てが落ち着く時期まで待つようにしましょう。

流産や早産への影響に関しては分かっていない部分もありますが、100%ないとは断言できず、母体や母乳の質にも影響するピルの服用は、医師の指示をしっかりと仰いで止めるべき時は止めるようにしましょう。