ピルが通販で買える!

ピルに保険が適用される場合がある

ピルと聞くと避妊目的で使用している人が多いと思われがちですが、産婦人科領域の病気や症状がある人の中には治療目的でピルを使用している人もいます。
そしてピルが治療目的で使用される場合には、保険が適用されるため、避妊目的のピルのように自己負担で全ての費用を支払わずに済みます。

全く同じ種類のピルであっても、それが避妊目的で使用されるのか、治療目的で使用されるのかの違いで、保険が適用されるかどうかが決まります。
保険というのは病気になった時に使うものなので、避妊が目的の場合には適用されません。
反対に治療が必要になる状態というのは病気になっているとみなされることで、治療目的の場合に限ってピルに保険が適用されることになります。

具体的な病気としては月経困難症や子宮内膜症、PMSの場合などに保険が適用されてピルが処方されます。
月経困難症は月経時の症状が非常に強く吐き気や頭痛、イライラ感があって日常生活が送れなくなる病気です。
そのように日常生活に困難が生じている時にはピルが処方されて、症状を軽減させるような治療が行われます。

子宮内膜症は通常は子宮の中だけに存在する子宮内膜という組織が子宮以外の部分で増殖してしまう病気で、月経中の出血量の多さや月経時に強い痛みを伴うことが特徴です。
子宮内膜症があると月経が重くなりやすくなり、月経時に出血が多過ぎると貧血になってしまう人もいるようです。
ピルを服用することで子宮内膜を厚くし過ぎないようにして、子宮内膜症の症状が和らぐような治療をします。

PMSは生理前などにホルモンのバランスが乱れることなどで、体の不調を訴えたり、精神的に調子が悪くなるという病気です。
多くの人がPMSの症状を感じていますが、中には症状が重く治療を必要とする症例もあります。
そのような時にはピルを服用してホルモンバランスの乱れができるだけ少なくなるようにして、PMSの症状が強くならないようにします。

ピルの値段以外にかかる費用

このようにピルを処方してもらう時でも、なんらかの病気や強い症状がある時には保険が適用されて、自己負担額が減額されます。
しかし、薬を処方してもらうためには薬そのものにかかる金額以外の費用が必要になります。

まず病院で処方をしてもらうためには医師の診察を受ける必要があります。
診察をしてからでないと、薬の処方ができないという決まりになっているからです。
その時に診療代がかかりますし、初めて受診する病院の場合には初診料が上乗せされます。
再診を受ける時でも一定の期間が空いていると再診料がかかります。

そして診療代だけでなく検査代もかかることが多いでしょう。
診察だけで検査を一切行わないということはほとんどないので、検査をした分だけ検査料が追加されます。
検査には保険が適用されますが、思っている以上に高額な費用がかかることがあるので検査費用は多めに見積もっておいたほうが良いでしょう。

そして医師が薬を出す時に処方箋を書きますが、この時にも費用がかかります。
処方箋を書いてもらう時の代金もさらに加わると、結果的に思っていたよりも高額になることがあります。
保険が適用される場合には、治療を目的としているので医師の判断によって検査の内容や診察の回数などに違いがでてきて診察や検査の数が多くなるということもあるでしょう。

そういったことまで考えると、保険が適応された場合でもピルを処方してもらうには、それなりの出費があると思っておいたほうが良さそうです。
保険が適応されても完全に無料で診察してもらえるわけでなく、自己負担分が発生するのでたくさんの治療をしたり検査をしたりすると高額になってしまいます。
保険が適用されてピルの処方を受ける時にもピルを買うだけでは済まないので思っているよりも費用がかかると思っておきましょう。