ピルが通販で買える!

ピルを服用しない避妊方法について

避妊方法にはいくつかの方法があり、それぞれにメリットとデメリットがあります。
ピルを服用しない避妊方法としては、最も代表的なものにコンドームがあります。
コンドームは勃起した男性器に装着することで精子が女性の体内に入らないようにするという方法です。
コンドームを使用した避妊方法は日本では最も多くの人たちが使用していますが、使い方によっては避妊効果が低くなってしまうというデメリットがあります。

ピルは毎日同じ時間に内服するだけで避妊効果がでますが、コンドームは男性器を女性器に挿入する前に装着しておかないと効果が薄くなり、さらに使用中に破けてしまうことがあると避妊具としての役割を果たさなくなります。
そういった意味ではコンドームは避妊効果が正確に出にくいというデメリットがあるでしょう。

しかし、薬局を始め比較的どこででも手に入り、価格も安価なことが多いため、避妊の準備をするのが簡単だというメリットがあります。
ピルは処方してもらうのに医師の診察を受ける必要があり、また価格的にもコンドームよりも高価になることが多いという特徴があります。

他に簡単にできる避妊方法としてリズム法があります。
これは女性の月経周期に沿って妊娠をしやすい日を避けて性行為を行うというものです。
リズム法は基礎体温計を使用するだけで行うことができるので、特別なものが必要ないというメリットがあります。
また体温の変化を見ることで女性が自分自身のバイオリズムを理解することができて、体のことを考えるきっかけになるというメリットもあります。

リズム法のデメリットは避妊効果が低いことです。
体温によって妊娠のしやすさを判断するのは間違いが起こることが多く、ピルを服用した時のように正確に避妊できるというものではありません。
そのため、リズム法だけで避妊をしていたら妊娠をしてしまう可能性がかなり出てきてしまいます。
リズム法は他の避妊方法と併用して使うようにすると良いでしょう。

病院でできる避妊方法

今まであげた方法は、病院に行かなくてもできる避妊方法でしたが、病院でできる避妊方法もあります。
ひとつは子宮内避妊システムです。
これは子宮内に器具を入れることで受精卵が着床しないようにする作用があるものです。
この方法は子宮内に器具を入れるという処置を受ける必要があるので、女性が病院を受診して子宮内避妊システムを入れる処置を受けます。
病院を受診する必要があるということと、処置を行う時に痛みを感じることがあるということがデメリットです。
しかし、一度子宮内避妊システムを入れた後は数年間、避妊効果が持続するので、最初に入れるだけであとは何もしなくてよいという特徴があります。

他にも病院で行える方法として避妊手術があります。
これは男性でも女性でも受けることができる方法ですが、一度手術をしてしまうと、その後妊娠を望んだ時には再手術が必要になります。
また女性の場合には一度避妊手術をしてしまうと、その後は元には戻せないことが多いため、二度と妊娠することができなくなります。
避妊手術を行う場合には、簡単に元の状態に戻れるわけではないので、しっかりと考えてから結論を出す必要があります。
しかし、避妊手術を行った場合には高い避妊率を維持できるので、絶対に妊娠したくないという場合にはメリットが大きくなります。

このように避妊方法といってもたくさんの種類のものがあり、方法が違うだけでなくメリットやデメリットには大きな違いがあるために、自分たちに最も適している方法を選択することが大切です。
そのためには自分たちのライフスタイルをしっかりと考えて、今の状態にあっているだけでなくライフスタイルの今後の変化まで考えて避妊方法を選択していかなくてはいけません。